船舶推進性能データシステム

海技研クラウド船舶推進性能データシステムは、水槽試験データ、数値計算結果、実船データを統合し、より高度な船型最適化、運航最適化を実現するシステムです。このシステム開発に先行し、ここでは水槽試験のデジタル化(ロボット水槽)を実現するためのセキュアなデータ管理機能を有する400m水槽のオンライン立会システムが利用できます。

概要

海技研クラウド船舶推進性能データシステムは、水槽試験データ、数値計算結果、実船データを統合し、より高度な船型最適化、運航最適化を実現するシステムです。

入力インターフェース

このシステムを構築するためには、船型開発で重要な役割を担う水槽試験を高精度かつ高効率に実施するためのデジタル化(ロボット水槽化)が必要です。水槽試験をデジタル化するため、まずセキュアなデータ管理機能を有する400m水槽のオンライン立会システムを海技研クラウド上に開発しました。これまで、水槽試験には、試験状況の確認や試験中に計測データのチェックを行い試験結果の有効性を高めるために造船所等の技術者が立会を行っていましたが、400m水槽のオンライン立会システムにより、オンラインで試験の状況、試験結果を確認することが可能で、チャット機能を用いた情報の確認や再試の連絡等が可能となります。これにより、出張に要する時間が節約できるとともに各社の意思決定を迅速に行えます。


400m水槽オンライン立会システム

400m水槽のオンライン立会システムは、400m水槽で水槽試験を実施するユーザーに向けたサービスで、水槽試験の実施状況をLiveストリーミングすることができます。

海技研クラウドのWebアプリ上でデータの確認や比較が可能で、チャット機能を用いたデータファイルの送受信、試験実施者への確認等がオンタイムで可能です。

入力インターフェース 入力インターフェース

アプリのご利用にあたって

本アプリは有料アプリケーションとなります。ご使用にあたっては無料の会員登録を行って頂いた後、有料会員申請を行って頂き海上技術安全研究所との間で書面による使用許諾契約を締結させて頂く必要がございます。会員登録は 会員登録ページで受け付けております。