錨ing(走錨リスク判定システム)

錨ingは船舶の基本情報(船種・船長)と気象・海象情報から錨泊時の走錨リスクを簡易に推定できるツールです。主に荒天下での錨泊時に船長や乗組員の判断を支援することを目的に開発されています。 本ツールは無償で利用することが出来ます。

オンラインで利用できるWEBアプリ版は右の「使用する」ボタンから

ご利用出来ます。

オフラインで利用できるPC版は下の「走錨リスク判定システム PC版」

リンクからダウンロードしてください。

概要

走錨の発生の主要因の一つとして荒天下での錨泊船の振れ回り運動が考えられています。荒天下で錨泊する船舶には、強風による風圧力、大きな風浪やうねりによる波漂流力が作用する他、船体運動により生じる流体反力(操縦流体力)や船体の移動に伴い変動する錨鎖張力が作用し、激しい振れ回り運動が発生する場合があります。

本シミュレーションプログラムでは,前述の船体に働く外力(風圧力、波漂流力、錨鎖張力、操縦流体力)を考慮した振れ回り運動推定を行い、走錨リスクの算出を行っています。

シミュレーションプログラムで用いられている操縦流体力と波漂流力は代表的な内航船型2種類の模型船(内航タンカー、内航フェリー)を用いた水槽実験により得られた結果を反映した推定式を適用し、風圧力については海上技術安全研究所が提案した推定法を、錨鎖の形状と張力については静的カテナリー計算法による推定法を適用しています。

本アプリケーション(錨ing)はPC版とWEBアプリ版の2つが提供されています。PC版は海上技術安全研究所のダウンロードサイトからダウンロードでき、WEBアプリは海技研クラウドから利用することが出来ます。いずれも無償で利用することが出来ます。

本アプリケーション(錨ing)は国土交通省の令和元年度補正予算事業「走錨事故の防止等に関する緊急対策」の一環で海上技術安全研究所に一部委託され研究開発が行われました。

入力インターフェース

インターフェース

錨ing(WEB アプリ版)は、スマートフォン向けの Web アプリケーションとして次のようなインターフェースで 利用が可能です。 インターフェースはトップ画面、入力インターフェース及び出力インターフェースに分かれており、 トップ画面では気象海象予報サイ ト 、 海上保安庁の走錨対策ポータルサイトなどへのリンクページ が備えられています。

入力インターフェースでは入力パラメーターを削減した簡易モードとPC版と同等の計算が可能な詳細モードを選択することが出来ます。 出力インターフェース では入力値に対する走錨リスク、錨鎖伸出量毎、風速毎の走錨リスクの変化を確認することが出来ます。シミュレーションはクラウド上で実行されており、スマートフォンのスペック等問わず利用することが出来ます。

入力インターフェース

トップ画面

入力インターフェース

入力インターフェース:簡易モード

出力インターフェース

入力インターフェース:詳細モード

出力インターフェース

出力インターフェース


使い方:利用規約の承認

使用例として499GT のタンカーの走錨リスク判定を行います。

初めにトップ画面から「 走錨リスク判定システムを利用する 」 をタップします。

出力インターフェース

トップ画面

利用規約の承認画面が表示されますので、利用規約を確認します。なお走錨リスク判定システムの利用には利用規約を承認して頂く必要があります。

入力インターフェース

利用規約の承認画面

出力インターフェース

利用規約

出力インターフェース

利用規約の承認画面(チェック後)

チェックボックスにチェックを行うことで利用規約の承認を行い、「走錨リスク判定システムに進む」を タップすると 入力インターフェース画面に遷移します。 入力インターフェースでは入力パラメーターを削減した簡易モードと PC 版と同等の計算が可能な詳細モードを選択することが出来ます。

使い方:「簡易モード」 を用いたパラメーター入力 を行う場合

簡易モードは詳細モードと比較し、 入力 パラメーター が削減されており、容易に走錨リスク判定が行えます。

初めに初期設定を行います。まず、「船種」をプルダウンメニューから選択します。あてはまる船種が無い場合は、喫水下の形状が似ている船種を選択してください。船種を選択したら、「総トン数」をプルダウンメニューから選択します。総トンが不明な場合は一番近いと思われる総トン数を選択してください。

入力インターフェース

初期設定画面

船種と総トン数を選択したら「反映」ボタンをタップします。船体情報・風圧面積・錨・錨鎖情報のパラメーターが自動的に入力されます。自動的に入力されたパラメーターを確認し、自船の情報と異なっている部分がある場合は修正してください。

入力インターフェース

初期設定にて反映されるパラメーター

船体に関するパラメーターの入力は以上になります。続いて、錨泊情報、気象・海象情報、船体状態のパラメ

ーターの入力を行います。錨泊情報では底質:砂もしくは泥、錨泊方法:単錨泊もしくは双錨泊を選択することが出来ます。

気象・海象情報の項目のうち波周期の パラメーターでは簡易推定機能を利用することが出来ます。 錨泊地の波周期が不明な場合は、簡易推定機能 を チェックすることで自動的に波周期が計算されます。 なおこの際推定される波周期は、台風時などの荒天下を想定した波周期 となります。

入力インターフェース

錨泊情報

出力インターフェース

気象・海象情報

出力インターフェース

船体状態

全てのパラメーターの入力が完了したら、「計算開始ボタン」をタップします。

パラメーターのチェックが行われ、問題が無ければ計算中画面が表示されます。パラメーターに誤りがあった場合、警告と誤りと思われるパラメーターが表示されるので、 警告に沿ってパラメーターを再度確認してください。

入力インターフェース

計算開始ボタン

出力インターフェース

エラー画面

出力インターフェース

計算中表示

使い方:「詳細モード」を用いたパラメーター入力を行う場合

詳細モードはPC 版と同様 な 高精度の走錨リスク判定を行うことが出来ます。

初めに初期設定を行います。まず、「船種」をプルダウンメニューから選択します。あてはまる船種が無い場合は、喫水下の形状が似ている船種を選択してください。船種を選択したら、「総トン数」をプルダウンメニューから選択します。総トンが不明な場合は一番近いと思われる総トン数を選択してください。

出力インターフェース

初期設定

船種と総トン数を選択したら「反映」ボタンをタップします。船体情報・風圧面積・錨・錨鎖情報のパラメーターが自動的に入力されます。自動的に入力されたパラメーターを確認し、自船の情報と異なっている部分がある場合は修正してください。

入力インターフェース

船体情報入力

出力インターフェース

満載時風圧面積

出力インターフェース

錨鎖情報

船体に関するパラメーターの入力は以上になります。続いて、錨泊情報、気象・海象情報、船体状態のパラメーターの入力を行います。

錨泊情報では底質:砂もしくは泥、錨泊方法:単錨泊もしくは双錨泊を選択することが出来ます。

入力インターフェース

錨泊情報

出力インターフェース

気象・海象情報

出力インターフェース

船体状態

出力インターフェース

錨泊方法

全てのパラメーターの入力が完了したら、「計算開始ボタン」をタップします。パラメーターのチェックが行われ、問題が無ければ計算中画面が表示されます。パラメーターに誤りがあった場合、警告と誤りと思われるパラメーターが表示されるので、警告に沿ってパラメーターを再度確認してください。

入力インターフェース

計算開始ボタン

出力インターフェース

エラー画面

出力インターフェース

計算中表示

使い方:出力インターフェース

計算が完了すると出力インターフェース が表示されます。入力されたパラメーターに対する走錨リスクが「高い・中程度・低い」の三段階 で表示され 、錨鎖伸出量、風速毎の走錨リスクの変化のグラフが表示されます。 それぞれのグラフはグラフ名をタップすることで切り替えることが出来ます。

入力インターフェース

錨鎖伸出量毎の走錨リスク

出力インターフェース

風速毎の走錨リスク

走錨リスク判定結果の下部に入力パラメーターと走錨リスクに応じた注意喚起文 が表示されます。 入力パラメーターを変更して再計算したい場合は「パラメーター入力画面に戻る」ボタンをタップすることで再計算することが出来ます。 また 海上保安庁 走錨事故対策等リンクをタップすると海上保安庁が提供する走錨事故対策に関する情報を確認することが出来ます。

入力インターフェース

入力パラメーターと注意喚起文について

出力インターフェース

「パラメーター入力画面に戻る」ボタン

「アプリトップへ戻る」ボタン

使い方:ホーム画面への追加方法

android 、iOS を搭載したスマートフォンを利用されている方でブラウザアプリにそれぞれ Chrome 、Safari を利用している場合 PWA機能を用いたホーム画面への追加を行うことが出来ます。ホーム画面へ追加をするとホーム画面から直接走錨リスク判定システムを開くことが出来ます。

使い方:ホーム画面への追加方法(android)

入力インターフェース

インストールバナーをタップします。

出力インターフェース

インストールをタップします。

出力インターフェース

ホーム画面にアイコンが表示されます

使い方:ホーム画面への追加方法(iOS)

入力インターフェース

ブラウザアプリのメニューボタンをタップします。

出力インターフェース

ホーム画面に追加をタップします。

入力インターフェース

追加をタップします。

出力インターフェース

ホーム画面にアイコンが表示されます。

以上が本アプリケーション(錨ing )の使用法となります。使い方などに関してご不明な点がございましたら海技研クラウドのお問い合わせページからご連絡ください。

なお錨ing(PC 版)についての使用法についてはダウンロードサイト又は 錨 ing(PC 版)に付属しているマニュアルをご確認ください。